母乳じゃなくても良い

赤ちゃんにはミルクではなくて母乳を与えたい、でも母乳がでてくれない、こんな悩みを抱えていませんか。体質、ストレス、貧血などが原因で母乳がでにくい女性もいます。母乳がでないと悩んでいると、ストレスがたまったますますでにくくなってしまいます。母乳がでにくいなら無理に母乳育児をする必要はありません。出ないとストレスになるよりも、粉ミルクを上手に活用しましょう。

母乳には赤ちゃんに必要な栄養素や免疫を活性化する成分が含まれています。産まれたばかりの赤ちゃんは免疫力が低いのですが、母乳を飲むことで元気に育つことができます。粉ミルクには母乳のような免疫活性をする成分が含まれていません。しかし日本のミルクは品質がよく、ミルクの開発が進んでラクトフェリンなど免疫活性を助ける成分を配合しているものも販売されています。母乳育児の方が赤ちゃんの腸内にビフィズス菌が増えるといわれますが、ビフィズス菌を増やすミルクも開発されています。

また、母乳がでにくいといってもまったくでないわけではありません。免疫を活性化する物質は特に初乳に多く含まれているので、初乳を与えてその後は粉ミルクをうまく活用するのもよいでしょう。母乳を与えることには赤ちゃんとのスキンシップの役割もあります。スキンシップは粉ミルクを与えるときでも行えます。寝かせたままミルクを与えるのではなく赤ちゃんを胸に抱いてミルクを与えれば、肌に触れてスキンシップを行うことができます。お母さんの心臓の音を聞くと赤ちゃんは落ち着きます。