ミルクもメリット沢山

ミルク育児にもメリットがあります。母乳を与えたいのにでない、周りはみんな母乳育児なのに私だけと、ストレスになっていませんか。母乳がでるのはプロラクチンとオキシトシンという2つのホルモンが関係しているのですが、ストレスがかかるとホルモンの分泌が悪くなり母乳の出があまりよくなくなります。

プロラクチンとオキシトシンは赤ちゃんが乳首を吸うことで分泌されるので、乳首を吸わせてみるのもよいでしょう。しかし、何が何でも母乳でなければと思うとストレスになって、さらに母乳の出が悪くなってしまうし、赤ちゃんはお腹が空いて不機嫌になります。そんなときはミルクを与えましょう。ストレスの軽減と赤ちゃんのお腹を満たすことができます。ミルクは哺乳瓶で与えるため、赤ちゃんがどれくらい飲んだのか把握しやすいです。育児が初めてだと飲んでいるのか心配になりますが、哺乳瓶で与えるミルクなら、どれくらい飲んだのかわかり安心感を得ることができます。

外では母乳を与えにくいですよね。しかし、ミルクなら人目を気にせずに与えることができます。お腹が空いているのを我慢させて母乳を与えられる場所まで移動するのは負担になりますが、ミルクならお腹が空いているときにすぐに与えることができます。